閃輝暗点の原因とは? 

 

こんにちは。

 
名古屋の頭痛治療家  山崎みさき です。
 
 
あなたは片頭痛の前に、
 
「頭痛がくるかもしれない・・」と嫌な予感がすることはありませんか?
 
片頭痛は、痛みが起こる前にハッキリとした前兆を伴うタイプと、そうでないタイプがあります。
 
 
中でも最も多い前兆は、
 
 
「閃輝暗点(せんきあんてん)」
 
 
という症状です。
 
 
・目の前で光がチカチカする
 
・視野の中にきらきら光るジグザクの線が見えてくる
 
・視野が狭くなる
 
 
初めてこの症状を経験された方は突然見え方がおかしくなったと驚かれることでしょう。
 
 
症状は目を閉じても続きます。
 
 
これは、目の異常ではなく脳の症状で、片頭痛の前兆としてはよくみられます。
 
 
閃輝暗点が治まった後、30分〜1時間ぐらいで頭が割れてしまいそうな激しい片頭痛が始まったり、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。
 

 

【閃輝暗点はなぜ起こる?】

 

閃輝暗点の原因は、脳の視覚に関する部分の血管が収縮し、一時的に血の流れが変化するためと考えられています。

 

 

ストレスや気圧の変化により、脳の血管が収縮する。

  ↓

脳の「見る」ために使う部分の血流が悪くなり酸欠状態になる。

  

一時的な機能異常で閃輝暗点が発生。

  

その後血管が拡張し神経を刺激片頭痛が起こる。

 

 

といったメカニズムです。 

 

 

閃輝暗点が起きたときの対処法は、まずは安静にすることです。

 これまでの経験から、その後に片頭痛や吐き気などが起きると予想される方は、コーヒーなどでカフェインを少し摂取したり、先日の記事で紹介したような、ハーブティーを飲むのもおススメです。

 

閃輝暗点や片頭痛の誘発因子としては、

・精神的ストレス

・睡眠不足

疲労

・急激な感情変動

・飲酒

・喫煙

・チョコレートやチーズの摂取

などがあります。

 

例えば、ストレスが溜まってきたと感じるときは、

チョコレートやチーズを避けるとか、

意識して、睡眠をしっかりとるなど、

誘発因子が出来るだけ重ならないように心がけて生活してみましょう。

あなたが一日も早く頭痛人生を卒業できるよう、心より祈っています。

 

院長 山崎みさき

産後の片頭痛がたった1回で消えました!!

Q. どんな悩みがありましたか?

産後から頭痛が始まり、目がチカチカしたり、頭痛と吐き気で週に2回は寝込んでいました。
 
Q. 今までどんな対処をしてきましたか?
病院でCTを撮りましたが脳に異常はないと言われました。偏頭痛の薬を処方されましたが、全く効かず困っていました。

 

Q. 当院に来てどのように変わりましたか?
ここに通うようになってからは、薬を全く飲んでいません。頭痛になったとしても、吐き気もなく軽い状態の頭痛が1ヶ月に1回程度です。自分でもビックリです。

 

 

※施術中は電話に出ることができませんので、留守番電話にお名前・お電話番号を入れておいてください。