片頭痛とは?

こんにちは。

名古屋みさき整体院 院長  山﨑みさき です。

 

あなたは頭痛を経験したことがありますか?

風邪や、二日酔いの頭痛なども含めれば、誰でも一度ぐらいは頭痛のなったことがあるでしょう。

 

実は、日本は頭痛大国と言われているのをご存知ですか?

 

15歳以上の日本人の約3人に1人は「頭痛もち」と言われており、なんと、3000万人以上の人が頭痛で悩んでいるのです。

 

普段、頭痛のない方にとっては「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、当院に来れれる患者さんたちは、その頭痛のせいで日常生活に支障が出ているほどに、ツラい頭痛の方ばかりです。

 

本日もまた、頭痛が辛くて普通の生活ができない、夜中に頭が痛くて救急車で運ばれたこともある程の患者さんが来院されました。

 

私自身も、この仕事に就く前は、ひどい頭痛で苦しんでいた一人です。

制服のポケットにはいつもロキソニンが入っていました。

 

その頃は毎日のように頭痛があり、仕事も手につかず、「アンパンマンみたいに頭を取り替えれたらいいのに」といつも思っていました。

 

しかし、意外と世間は頭痛に対して理解してくれませんね。

 

「また頭痛?」とか、「頭痛ぐらいで?」と言われててしまうのです。

 

あなたの周りに「頭痛もちの人」はいませんか?

少しでも頭痛について知って、理解していただくだけで、あなたの周りの頭痛の人は心が軽くなります。

分かってくれる人がいるだけで、痛みも和らぐことがあるんですよ。

 

なので、今日は身近な「片頭痛(へんずつう)」を例に、頭痛の原因や症状についてご紹介しますね。

 

 

【片頭痛】

 

片頭痛は男性より女性に多く起こります。

 

脈拍に合わせたようなズキズキとした強い痛みが特徴で、

頭の片側だけが痛む場合も多いです。

 

片頭痛の症状には個人差があり、人それぞれ症状は様々です。

 

音や光やにおいに敏感になったり、めまいや吐き気を伴うケースもよくあります。

 

痛くなる前兆としてキラキラした光(閃輝暗点 せんきあんてん)が見える人もいます。

 

症状がひどい場合は仕事や家事が手につかないほどで、体を動かすと頭痛が悪化してしまいます。


 

【片頭痛の原因はなに?】

 

片頭痛の原因は、一体何なのでしょうか?

 

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きる頭痛を「片頭痛」と呼びます。 

 

膨れ上がった血管が、周りのの三叉神経(さんさしんけい)を刺激し、その刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して片頭痛を発症するのです。

 

 

心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、大きな行事が終わった後や、仕事のない週末などに片頭痛が起こりやすくなります。

 

(例えば、旅行の後や、子供の運動会の後など・・・。)

 

そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、片頭痛の誘因とされています。

 

「片頭痛は冷やすとよい」と思われがちですが、片頭痛は急な温度変化により痛みが増すことが多いので、冷やしすぎると悪化する場合もあります。

 

もしあなたのご家族や身近な方で片頭痛の方がいたら、快く休ませてあげてくださいね。

 

片頭痛になったら、何もせず暗い部屋で安静にするのが一番の回復法ですよ。

 

 

 

もしお母さんや、奥さん、娘さんの頭痛でお困りなら

女性の偏頭痛専門

名古屋みさき整体院へ