目の疲れからくる頭痛のセルフケア

こんにちは。

 

頭痛治療家 山﨑 みさき です。

 

長時間のデスクワークに、スマホ、読書、テレビ・・・。

 

私たち現代人の毎日は目を酷使する作業であふれています。

 

目の奥が重い・・・

 

頭も痛い・・・

 

 

 

そんな風に感じることはありませんか?

 

 

目を使う作業を続けることにより、目だけでなく全身に症状がおよび、休息や睡眠をとっても十分に回復しない状態を眼精疲労と呼びます。

 

 

ピントを調節する目の筋肉は自律神経によって支配されているので、目を使い過ぎてその筋肉が疲れると、自律神経のバランスが崩れて、全身に症状があらわれると考えられています。

 

 

あなたはこんな症状に心当たりありませんか?

 

 

目の症状としては

 

・目が重い

・目が痛い

・まぶしい

・目がかすむ

・目が乾いている感じがする

・目が充血する

・まぶたがピクピクする

・まばたきが多くなる 

 

などがあげられます。

 

全身の症状としては、

 

・頭痛

・首や肩のこり

・吐き気

・イライラ

 

などの症状があげられます。

 

今日の頭痛情報では、眼精疲労の対策や目が疲れた時のセルフケアについてご紹介しますね。

 

 

【眼精疲労の対策】

 

まずは十分な睡眠を心掛けましょう。毎日6時間は寝られるといいですね。

 

目を閉じて眠っている状態は、起きている時と違って眼球がまぶたの上の方に向いています。

 

その状態だと、目の筋肉はリラックスできます。

 

まぶたを軽く閉じているだけだと、うっすらと光を感じますが、熟睡している時は、黒目がまぶたの上に行くため、光を感じなくなり、真っ暗闇の状態になります。

 

この目の中に光が入ってこない状態も、眼球のリラックスにつながるのです。

 

 

そのほか、かんたんにできる対策としては、

 

1時間パソコンや、スマホを使ったら、15分の休憩をとるようにしましょう。

 

集中してパソコンやスマホを使っている時は、まばたきが減り目が疲れるだけでなく、姿勢も悪くなります。長時間前のめりの姿勢を続けることで、血流も悪くなり、首こりや肩こりにもなります。

 

15分の休憩は難しいという方も、1時間に少し目を閉じてみたり、立ち上がって背筋を伸ばしてみるだけで疲れや、集中力がかわってきますよ。

 

今日からちょっと意識してみてくださいね。

 

 

【セルフケア】

 

 

①目のまわりを温める

 

1日の終わりや、おやすみ前に目のまわりを温めましょう

 

温めるのは、血液の流れを良くして、筋肉をほぐすだけでなく、ドライアイにも効果的です。

 

ドラッグストアに行けば、目の周囲を温めることができるアイマスクなど、便利なものがたくさんありますよね。

 

また、どこの家庭にもある身近なものとしては、蒸しタオルがあります。

 

毎晩5分程度、眉のまわり、まぶた、目頭のあたりを温めます

 

(※ただし、充血がひどい時や炎症を起こしている時は温めると症状が悪化する場合もあるので気をつけましょう。)

 

 

また、温めた後で冷やすと、その反動で血液の循環を促すのでさらに効果的ですよ。

冷やすと気持ちいいかもしれませんが、ただ冷やすだけだと血流がさらに悪化します。

 

血流が悪くなると、疲労物質がたまりやすくなるので逆効果です。注意してくださいね。

 

②目の疲れに効くツボ

 

かんたんで意外に効果的なのが、目にいいツボを指圧する方法です。

 

目をよく温めた後、とくに入浴時などの心身がリラックスした状態で行うのがおすすめです。

目頭と鼻のつけ根の骨との間に「せいめい」というツボがあります。

 

 

 このツボは目の疲れや、目のまわりの筋肉がピクピク痙攣する時に効果的です。

 

静かに鼻のつけ根をつまむように押してみてくださいね。

 

かんたんですよね。ぜひ今日からやってみてください。

 

あなたの頭痛が1日も早く良くなるよう祈っています。

 

 

目がスッキリして頭痛が消えてしまう・・・

日だまりショットを受けてみませんか?

 

女性の偏頭痛専門

 

名古屋みさき整体

※施術中は電話に出ることができませんので、留守番電話にお名前・お電話番号を入れておいてください。