血液サラサラにして頭痛予防!1日に本当に必要な水分量とは?

こんにちは。

 

あなたを「頭痛人生」から卒業させる!  

 

女性の頭痛専門 

名古屋みさき整体院 院長   

山﨑 みさき です。

 

私たちの身体の中にある血液は、酸素不足、栄養不足、代謝不良などにより、老廃物がスムーズに運ばれずに溜まってしまうことがあります。

 

 

これがあなたが長年悩まされているコリ頭痛につながってます。

 

 

血液をサラサラにして、頭痛を予防するため、水分補給は本当に重要なポイントとなります。

 

 

よく「1日に2ℓの水を飲むといい」なんて言われていますが、本当にそんなに必要なのでしょうか??

 

 

今日の頭痛情報は頭痛予防のために1日に必要な水分補給の仕方について解説していきますね。

 

 

成人に必要な水分量は

1日1500〜2000cc。

 

 

あなたが毎日朝7時に起床し、夜22時に就寝するとして、水分補給ができるのは起きている15時間ですから、

 

1時間半ごとにコップ1杯(200cc)の補給が目安となります。

 

1日何もしなくても人間の身体は、呼吸により1日300〜400ccの水分を失います。

 

 

また、皮膚からも、汗とは別に1日300〜400ccの水分が蒸発していきます。

 

さらに尿と便で1500cc程度の水分が失われます。

 

 
つまり、
 
 
1日に1滴も汗をかかなかったとしても、
 
最低2000cc=2ℓ以上の水分が失われているのです!!
 
これを知ると1日に2ℓと言われているのも納得ですよね(*^^*)
 
 
水分補給のポイント
水分補給はお水や白湯にしましょう。
 
お茶、コーヒー、アルコールなどは水分補給にカウントしません!
 
これらの飲み物は飲んだ分量以上に、尿で水分がでてしまいますので注意してくださいね!!

 

名古屋で頭痛外来を探すなら

女性の頭痛専門 名古屋みさき整体院へ。

メール予約はこちらから↓↓