目の疲れからくる頭痛の解消法 4つの生活習慣を見直そう!

こんにちは。

 

あなたを「頭痛人生」から卒業させる!  

 

女性の頭痛専門

名古屋みさき整体院 院長  

山﨑 みさき です。

 

頭痛の原因はいろいろありますが、今日はそのひとつである“目疲れ”からくる頭痛の予防法について紹介します。

 

目は無意識のうちに使い過ぎてしまうものです。

 

 

毎日の生活に欠かせないパソコンやスマホ、ゲーム機などの画面を長時間集中して見ていると、目のまわりにある筋肉が疲労し、目の疲れが出てきます。

 

 また、同じ姿勢をとり続けることにより、目や後頭部、首、肩の筋肉が緊張し、血のめぐりが悪くなり、頭痛が生じやすくなる仕組みなのです。

 

意識して目を休め、ケアをすることを心がけましょう。

 

目の疲れに効く4つの生活習慣

①パソコン作業は1時間ごとに10分休憩を

就寝直前はパソコンやスマホのモニター画面を見ない!!

1時間パソコンなどの作業をしたら必ず10分休むなど、目を休める時間をつくりましょう。

 

②蒸気で目もとを温める

温めた蒸しタオルやホットアイマスクを使い、目もとを10分間温めましょう。

血のめぐりがよくなり、目のまわりの筋肉の緊張もやわらぎます。また、ドライアイも予防にも効果的!

 

③ 紫外線やブルーライトに気をつける

 

紫外線や、眩しい太陽の光は目の強い刺激になってしまいます。

外出時にサングラスをしたり帽子をかぶったりして、目に入る紫外線をできるだけ減らしましょう。


また、ブルーライトについても、注意が必要です。ブルーライトは、目のダメージや不眠などとの関係が考えられています。パソコンやスマホなどのデジタルデバイス使用時には、画面の明度を明るくしすぎないように調節したり、画面と目は50~70cm離したりしましょう。ブルーライトカットフィルターやブルーライトカットメガネを使用することもおすすめです。

 

④自分の視力に合ったメガネやコンタクトを使う

 

レンズの度が合わないメガネやコンタクトをつけることは、目疲れを引きおこし、頭痛をまねく要因になります。自分の視力に合ったメガネやコンタクトを選ぶようにしましょう。

 

それでも頭痛や目の疲れが辛いなら

あなたを「頭痛人生」から卒業させる!  

女性の頭痛専門

名古屋みさき整体院へ。ご予約は今すぐこちらから。