生理前後の頭痛を和らげる方法

こんにちは。

 

あなたを「頭痛人生」から卒業させる!  

 

女性の頭痛専門

名古屋みさき整体院 院長  

山﨑 みさき です。

 

女性は、閉経までの約40年間、ほぼ毎月、生理の辛さと付き合い続けていかないといけません。

 

平均的な生理の周期が28日で、生理期間が約6日として考えると、なんと人生の内、約3000日を生理の悩みに費やしている事になるんです!?

 

世の中の約30%の女性が、仕事に支障が出るほどのひどい生理痛に悩まされているというデータも出ています。

 

生理痛は、おなかや腰の痛みだけではありません。様々な症状がありますが、ひどい頭痛を感じる女性も多いのです。

 

生理中、または生理の前後に激しい頭痛になった時、薬を飲んでも聞かなかった経験はありませんか?

 

生理痛が楽になる日まで、ただひたすら待つしかないとあきらめているのなら、ぜひ1つだけ試して欲しいことがあります。

 

それは冷えを改善することです。

 

なぜ、「冷え」のケアなのか。

 

ちょっと想像してみましょう・・・。

 

「怪我をした時に、血が出ている状態」で、寒いとすぐ出血が治まったことはありませんか?

 

原理はこれと一緒です。同じ人間の体内から発生しているものなので。

 

つまり、「冷えている状態では、血行が悪くなり、生理の時の血をうまく体の外へ出せなくなる」から、冷えのケアが大切なのです。

 

そして、血をうまく出す事ができないと、身体は、なんとかして血を出そうとし、力みます。そうすると、力みに伴って痛みも増してしまうんです。

 

・温かい食べ物を食べる

・寒いのを我慢しない

・お腹に毛布を掛ける

・エアコンの温度に気をつける

 

など、まずは簡単なことから。

できることから始めてみましょう。

 

 

 名古屋で頭痛外来をさがすなら

女性の頭痛専門

名古屋みさき整体院 

ご予約はこちらから。


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    懐も冷えてます (月曜日, 11 7月 2016 19:47)

    ホントに女性に冷えは大敵なんですね。冷房のかけ過ぎにも気を付けます。いつもありがとうございます。

  • #2

    みさき (月曜日, 11 7月 2016 22:55)

    冷えは万病の元といいますからね。本当に気をつけなきゃいけないですね!!
    出来ることからやってみてください。
    あなたの健康を祈ってます♡