夏を楽しむための頭痛対策 ②背中の湿度に注目!快適な睡眠を

こんにちは。

 

あなたを頭痛人生から卒業させる!

名古屋みさき整体院 院長

山﨑みさきです。


今日も昨日に引き続き、あなたの夏が楽しくなるように夏の頭痛予防についてご紹介していきますね。

 

寝るときにエアコンを消す方は、暑さで目が覚めることもありますよね。
他にも夜中に蚊がいて眠れなかったり。一緒に寝ている家族が寝苦しそうにガサゴソして気になったり。

 

夏は暑さによる睡眠不足が原因で頭が痛くなるケースがよくあります。

睡眠不足の状態だと感じると、だいたいその日の午後あたりから頭が痛くなり、どんどん痛みがひどくなっていき、
頭痛薬を飲んでも全く効果を感じられないくらい痛くなることも!?

夏の快適睡眠のポイントは、

部屋全体の湿度よりも「寝床の湿度」に気を配ることです。

とくに背中付近の湿度には要注意!!

 背中と敷布団のあいだには空間があまりないため、湿気がこもるからです。

もともと背中は発汗量も多く、湿度が高くなりやすい部位でもあります。最近ではいろいろな涼感シーツ涼感ベッドパッドが売られています。

敷布団を変えなくても、肌に直接触れるシーツを変えるだけで、だいぶ快適になりますよ♪(*^^*)

睡眠不足の状態が続くと、頭痛だけでなくホルモンバランスが崩れたり、新陳代謝が落ちたりと、悪いことが連鎖が始まります。
快適に眠れるような環境を整え、早めの頭痛対策を心がけましょう。

名古屋で頭痛外来を探すなら

女性の頭痛専門 名古屋みさき整体院へ。