「肩こり頭痛」を解消する意外な新習慣。歩き方を変えてみよう!

おはようございます。頭痛治療家 見咲(みさき)です。

ガッチガチの肩こりや、それによって起こる頭痛に悩む女性は少なくありません。揉んでも温めても解消しない……そんな人は、毎日の習慣をひとつ変えてみてください。

今回は、肩こり頭痛に悩む人が見直したい歩き方をご紹介します。 

まず、長時間のデスクワークに励む女性が肩こりに悩む理由のひとつに、座りっぱなしの状態が挙げられます。太ももやふくらはぎには太い血管が通っていて、脚の筋肉が使われることで全身の血液の循環がよくなります。逆に、長時間使われないと血液の循環が悪くなり、上半身の血行不良、つまりは肩こりにつながるのです。

特にふくらはぎは、“第二の心臓”と言われるほど血液の循環に関わりの深いパーツ。普段からしっかりと筋肉を使ってあげることで全身の血液のめぐりがよくなり、肩こりの緩和につながります。

■かかとから着地はNG!歩き方を変えて肩こり解消

ヒールでの歩き方を意識するだけで、いつもと同じ距離を歩いてもふくらはぎの筋肉が効率よく使われ、全身の循環がよくなります。

ポイントは、かかとから着地するのではなく、前部分(つま先の方)から着地するイメージで、広い歩幅で歩くこと。そうすることでふくらはぎの筋肉がしっかり使われ、また、お尻の筋肉も刺激されるのでヒップアップにもつながります。

逆にかかとから着地すると、足から体に伝わる衝撃が大きくなって膝を痛めたり、無理にバランスを取ろうとして太ももや股関節、骨盤に負荷がかります。 

このように、足の前部分から着地する意識をするだけで、肩こり頭痛の予防や解消につながります。わざわざマッサージやエクササイズを行わなくても、日常生活ですぐ実践できる一番簡単な肩こり対策こそが“かかとからの着地をやめる”ということなのです。

名古屋で頭痛外来を探すなら

女性の頭痛専門 名古屋みさき整体院 メール予約はこちらから↓↓