日本には、約2000万人以上の頭痛患者がいると言われています。そのうち約840万人が片頭痛の患者さんです。ほとんどの頭痛持ちが、薬を飲んで痛みを抑えているのが現状です。

 

 

ここでは、頭痛にはどんな種類があるのか?を説明いたします。あなたの頭痛がどんなタイプなのかを知っておくといいでしょう。また、病院で治らないと診断された人も以下の傾向を見ることで何か発見があるかもしれません。


緊張型頭痛とは、精神的な緊張や目の疲れなどから肩まわりの筋肉や首の筋肉がパンパンに張ってくることによって起きる頭痛のことです。別名:肩こり頭痛とも呼ばれ、頭にヘルメットをかぶったような頭痛重感や、頭が締め付けられるような感じ、後頭部が痛い、目の奥が重痛いという症状が出ます。我慢すれば、なんとか過ごせる場合が多く、市販の薬を飲んで対処してる人が多いです。首や肩をもんであげると軽快します。しかし、蓄積しすぎると頭痛になる習慣ができてしまいます。

 

偏頭痛とは、頭の片側または、コメカミにズキズキガンガンした痛みが心臓の拍動とともにはしる症状です。女性の多く日本に約840万人いると言われています。目の奥に痛みを訴える人、においに反応する人、疝気暗転といい光を見ると頭痛になるタイプの人もいます。1週間のうち2〜3日おこり、時期が過ぎると急に楽になったりします。偏頭痛薬で対応してる場合もありますが、多くは治らず予防薬を飲みながら、激痛の時に鎮痛剤を飲んでる人が多いです。

 

男性に多い頭痛のタイプで、頭痛持ちの約3〜5%がかかるとても珍しい頭痛です。2〜3年に一回、一ヶ月ぐらい頭をカナヅチで叩かれたような激痛に襲われます。しかし、その一ヶ月が過ぎると今までの痛みがウソだったかのように消えます。また2〜3年たつと悪夢がやってきます。これを繰り返すのが、群発頭痛です。頭痛の期間に病院で注射をうってもらう人が多いです。